使うのは食べ物!髪の毛をスペシャルケアしてあげませんか?

カラーリングやコテ、紫外線などで傷んでしまいがちな髪の毛。シャンプーやトリートメントだけじゃケアは十分じゃないかもしれません。そこで髪の毛もスペシャルケアしてあげませんか?使うのはお家にある意外なもの!あなたも綺麗な髪の毛手に入れませんか♡?

気になる髪の毛の痛み

出典: xn--eckwdtdsa1h503t2e6b.jp

カラーやパーマ、あてたいけど髪の毛傷んじゃう~髪の毛のダメージで悩んでる方たくさんいるんではないでしょうか。

ゆりぃ@yrelilly

髪の毛染めたら、トリートメントしてもしても痛むぅぅ

2014-06-04

Yuzukan*nao@Yuzukan1023

おはようございます( •ॢ◡-ॢ)-♡毎日、紫外線が強くて髪の毛が痛む…どうすればいいんだろう( p_q)エ-ンみなさん、どうしてますか?

2014-06-04

MaMi@8h_HSJxx

髪の毛しなるし(´・_・`)もう泣けてくる(´・_・`)朝 アイロンしてもすべて意味なしどころか更に痛む(´・_・`)

2014-06-03

出典: otomehack.jp

綺麗な髪の毛って憧れますよね。でもあなたの髪、傷んでませんか?そこでお家にある「食べ物」でスペシャルケアしてあげましょう♡

タマゴ

出典: weheartit.com

使うのはなんとタマゴ。栄養たっぷりで髪の毛にも良いんです◎

■やり方

ノーマルヘアは全卵、ドライヘアやダメージヘアは黄身だけ、オイリーヘアは白身だけを使ってください1. 汚れを軽くすすいだ髪に、頭皮を覆うように泡立てたタマゴ1個~2個を髪全体につけます。2. 20分間放置した後、水又はぬるま湯で洗い流します(熱いお湯だとタマゴが固まってしまいます)。3. いつものようにシャンプー、コンディショナーなどをしてください全卵や黄身だけのパックの場合は、1ヶ月に1回、白身だけのパックは2週間に1回がおすすめです。

出典: bglenish.com

アボカド×ハチミツ

出典: 2chnpb.blog.fc2.com

美味しいアボカド。でも気付いたら熟れ過ぎちゃった・・なんてことありませんか?そういう時は髪のケアとして使っちゃいましょう!

■髪にイイ秘訣♡

出典: www.happy-club.tv

・アボカドの髪への効果① 亜鉛が多い 髪の形成に必要なのはたんぱく質ですが、その過程で欠かせないのが亜鉛② オレイン酸が豊富 年齢を重ねると不足してしまうオレイン酸。肌や頭皮の若返りに必要③ カリウムも多い 血液中の毒素を体外に排出し、血流を促し、髪の毛を育てる④ 豊富なビタミン 抗酸化作用のビタミンE、育毛に欠かせないビタミンB2が含まれている

出典: kame38.blog.fc2.com

■やり方

髪の長さに使う分のアボカドをボールの中でフォークなどで潰し、ペースト状にします。これだけで出来上がりますが、頭皮までしっかり浸透させたい場合はミキサーを使いさらにペーストさせます。ペースト状になったら髪全体に塗り込んで髪の根元にもすり込むようにマッサージします。そしてトリートメントキャップ、もしくはラップで覆って20~30分くらい置きます。あとは普通ににシャンプーとリンスして終了です。

出典: kame38.blog.fc2.com

出典: www.bundrickhoneyfarms.com

ダメージが特に気になるってときはハチミツをプラス。より効果が期待できます◎

ヨーグルト×ハチミツ×オリーブオイル

出典: r-yakuzaishi.net

次はヨーグルト×ハチミツ×オリーブオイルをご紹介。保湿効果があるのでしっとりした仕上がりに。

■やり方

出典: www.toyo-olive.com

そのまま食べても美味しそうな組み合わせだけど髪にパックしてあげましょう。

シャンプーをする前に髪全体になじませヘアトリートメントとして利用するヨーグルトに同量のハチミツ、オリーブオイルを混ぜヘアパックすると、痛んだ髪を補正してツヤツヤに。

出典: www.nicheee.com

ビール

出典: favim.com

使うのはなんとビール。髪のボリュームで悩んでる方におすすめ。

■やり方

1. ビール1/2カップ(炭酸が抜けたもの)と、オリーブオイル大さじ1杯、タマゴ1個を混ぜ、汚れを軽くすすいだ髪全体にすりこみます。2. そのまま15分間放置して水又はぬるま湯でよく洗い流します。3. いつものようにシャンプー、コンディショナーなどをしてください。2週間に1回のお手入れがおすすめです。

出典: bglenish.com

ブラウンシュガー

Article by admin

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.